夜間電力を蓄電すると良いのはどうして?

夜間電力を蓄電すると良いというのは、どうしてなのかということを説明します。

昼間の電気料金を高く設定し、夜間の電気料金を安く設定されている時間帯別の料金のプランが提供されているのをご存じでしょうか。

この安い時間帯の電気を蓄電しておいて昼間に使用すれば、昼間の高い電力を使う量を減らす事が出来るので、電気料金がだいぶお得になるということなのです。

このようなことから、家庭用の蓄電システムにも人気が集まってきています。

更に太陽光発電システムと併用すると、昼間は発電した電力を売り蓄電した電力で電力を捲かない、夜間は安い夜間電力を使って生活し、更には蓄電も出来るわけです。

このようなことから、夜間電力を蓄電するとお得になるということになります。

蓄電システムを家庭で取り入れようと考えている人は、電気料金プランも良く考えてお得になるような契約に変更を考えましょう。

そして、蓄電システムを検討するならば、太陽光発電システムも同時にお考えになると良いかと思います。

Read More

蓄電はエコにもなる?

蓄電はエコにもなるのかというお話をします。

蓄電はエコに役に立つと言えるでしょう。

家庭用でも業務用でも、太陽光発電と連携をしている蓄電システムについては、太陽光で発電をするわけですから、とてもエコだと言えます。

電力会社の電気は、原子力発電所が運転を止めている現在、火力発電が主流になっているのです。

火力発電は、化石燃料などを使用しますし、CO2問題・地球温暖化のこともあります。

やはり太陽光発電のように尽きることのないエネルギーによって、発電と蓄電が出来るのでとてもエコだと言えます。

太陽光発電ですと発電するにあたって、CO2を排出することもありません。

そして夜間の電力会社の電力を蓄電して昼間に使うというような方法を実行すると、電力会社の電力を使う量が減り、結果的にCO2削減にも役立っているのです。

蓄電することによって、昼間の太陽光で発電した電力を電力会社に売ることもできるので、電力会社の発電を減らすことにもなるので、やはりエコだと言えます。

このように太陽光発電で発電した電力を蓄電するので、とても地球環境に良いということになるでしょう。

Read More

蓄電すると良いことってある?

蓄電すると良いことはあるのかというお話をいたします。

良いことは沢山ありますが、やはり地球環境のことを考えるととても良いと言えるでしょう。

自分の家で太陽光発電などで電気を作り、そして夜間の電力を蓄電して昼間使うという方法は、とても節約にもなるのです。

蓄電システムを家庭に導入したならば、このようなことを自動でやってエコロジーに貢献もできますし、大幅な節約にもなるということが言えるでしょう。

このように、とてもメリットの大きい蓄電ですが、節約とエコだけではありません。

電力のピークシフトということを聞いたことがある人も多いと思いますが、夜間の電力を使用することにより、集中して同じ時間に電力を使用する需要の高い時間を避けることもできるのです。

システム導入の際にも、意外に簡単に導入出来るので、もっと早めに蓄電システムを導入しておけば良かったという人が多いと言います。

とても良いことが多いので、蓄電システムはこれからも導入する家庭が増えるでしょう。

Read More

身近な蓄電について

身近な蓄電についてお話をいたします。

身の周りを眺めてみても、身近な蓄電は見当たらないと思いますが、実はいろいろな所で蓄電されているのです。

例えばノートパソコンですが、普段はコンセントを使っている人が多いと思いますが、コンセントの無いところで使うときには、蓄電されている電力を使っているわけです。

電池とかバッテリーと言われている部分に、蓄電されているのです。

携帯電話やスマホも同じです。

持ち歩いて使える電気を使う物は、蓄電がされていると考えて良いと思います。

あとは、いつも何気なく買い物をしている大型スーパーやコンビニエンスストア、病院などにも蓄電システムを導入している施設も多いです。

例えば、病院で手術の最中に停電をしてしまったら、どうなるでしょうか。

電気が点かない状態で、手術は出来ません。

手術をするのも、メスだけではなく、電力で動く機器を沢山使用するのです。

手術中の停電などに備えて、病院では非常電源が義務付けられていて、そこにも蓄電がされています。

こうして考えると、意外と身近なところで蓄電されているようです。

現代の人々の生活に、蓄電は欠かせない存在だと言えるでしょう。

Read More

蓄電にするにはいくらくらいかかるの?

蓄電にするにはいくらくらいかかるのかを説明いたします。

蓄電システムを導入するには、大手メーカーからも多種発売されている蓄電システムを購入し設置工事をする必要があるでしょう。

この蓄電システム自体の価格が様々なので、大まかな費用がどのくらいなのかを説明します。

蓄電システムは約200万円くらいで導入できるでしょう。

これは蓄電システムの導入だけの費用ですが、太陽光発電システムと同時に導入となると、パネルの数や規模などにもよりますが、400万円から500万円くらいとお考えください。

大まかな費用なので、額は業者やメーカーよって前後します。

Read More