太陽光発電の工事費用はいくら?

太陽光発電システムを一人で設置することは不可能です。

必ず業者に依頼しますが、これには工事費用がかかります。

それプラスメーカーパネル代、太陽光発電の価格、足場代などが乗ってきます。

これもコストになるので、把握しなければいけません。

では、設置工事費ってどのくらいなんでしょうか?

家庭用の4kw設置時で計算します。

・工事費
・取り外し工事

工事費として、かかる日数は3~4日とされています。

パネルの設置工事は約8万円と言われています。

もし、設置が難しい屋根の場合は架台を取り付けることになりますが、この場合は架台料金と架台設置費約15万円が上乗せされます。

次に配電工事ですが、これは11万円程度と言われています。

次に回収工事ですが、太陽光発電システムを設置したら、いつかは使用できなくなり廃棄しなければいけません。

その時の費用はおよそ15万円程度と言われています。

これらの工事費は業者によって全く異なります。

ですので、安く済ませたいのであれば、いろんな業者へ相談に行ったほうがいいんですね。

見積もりを比較する相見積もりも有効な手段です。

Read More

グリッドってどんな会社?

近々、家庭用太陽光発電を取りつけようとしているんですが、どこの設備を使えばいいか迷っています。

噂ではグリッドという企業が良いと聞いたことがありますが、一体どういう特徴があるんでしょうか。

・会社説明
・特徴

グリッドは2009年に設立された、太陽光発電企業としては比較的新しい企業です。

特に太陽光パネル価格に定評がある会社です。

製造に関してグローバルに連携を行っています。

あらゆるところと連携することは逆に言うと一貫性が保てず品質に疑問を感じますが、そこは厳格な審査を行っています。

次に特徴ですがグリッドの特徴はやはり、その頑丈さにあると思われます。

太陽電池モジュールの耐風圧荷重は国際認証基準では2400Paとなっていますが、グリッド製は約2倍の5400Paとなっています。

これで、積雪や強風など設置が難しい場所での設置が可能になりました。

特に積雪に関しては最大2.5メートルの積雪荷重に耐えられる架台を開発しています。

東北地方は設置率が低いですが、今後グリッド製太陽光発電パネルで普及率が上がるかもしれません。

Read More

夜間電力を蓄電すると良いのはどうして?

夜間電力を蓄電すると良いというのは、どうしてなのかということを説明します。

昼間の電気料金を高く設定し、夜間の電気料金を安く設定されている時間帯別の料金のプランが提供されているのをご存じでしょうか。

この安い時間帯の電気を蓄電しておいて昼間に使用すれば、昼間の高い電力を使う量を減らす事が出来るので、電気料金がだいぶお得になるということなのです。

このようなことから、家庭用の蓄電システムにも人気が集まってきています。

更に太陽光発電システムと併用すると、昼間は発電した電力を売り蓄電した電力で電力を捲かない、夜間は安い夜間電力を使って生活し、更には蓄電も出来るわけです。

このようなことから、夜間電力を蓄電するとお得になるということになります。

蓄電システムを家庭で取り入れようと考えている人は、電気料金プランも良く考えてお得になるような契約に変更を考えましょう。

そして、蓄電システムを検討するならば、太陽光発電システムも同時にお考えになると良いかと思います。

Read More

蓄電はエコにもなる?

蓄電はエコにもなるのかというお話をします。

蓄電はエコに役に立つと言えるでしょう。

家庭用でも業務用でも、太陽光発電と連携をしている蓄電システムについては、太陽光で発電をするわけですから、とてもエコだと言えます。

電力会社の電気は、原子力発電所が運転を止めている現在、火力発電が主流になっているのです。

火力発電は、化石燃料などを使用しますし、CO2問題・地球温暖化のこともあります。

やはり太陽光発電のように尽きることのないエネルギーによって、発電と蓄電が出来るのでとてもエコだと言えます。

太陽光発電ですと発電するにあたって、CO2を排出することもありません。

そして夜間の電力会社の電力を蓄電して昼間に使うというような方法を実行すると、電力会社の電力を使う量が減り、結果的にCO2削減にも役立っているのです。

蓄電することによって、昼間の太陽光で発電した電力を電力会社に売ることもできるので、電力会社の発電を減らすことにもなるので、やはりエコだと言えます。

このように太陽光発電で発電した電力を蓄電するので、とても地球環境に良いということになるでしょう。

Read More

蓄電すると良いことってある?

蓄電すると良いことはあるのかというお話をいたします。

良いことは沢山ありますが、やはり地球環境のことを考えるととても良いと言えるでしょう。

自分の家で太陽光発電などで電気を作り、そして夜間の電力を蓄電して昼間使うという方法は、とても節約にもなるのです。

蓄電システムを家庭に導入したならば、このようなことを自動でやってエコロジーに貢献もできますし、大幅な節約にもなるということが言えるでしょう。

このように、とてもメリットの大きい蓄電ですが、節約とエコだけではありません。

電力のピークシフトということを聞いたことがある人も多いと思いますが、夜間の電力を使用することにより、集中して同じ時間に電力を使用する需要の高い時間を避けることもできるのです。

システム導入の際にも、意外に簡単に導入出来るので、もっと早めに蓄電システムを導入しておけば良かったという人が多いと言います。

とても良いことが多いので、蓄電システムはこれからも導入する家庭が増えるでしょう。

Read More

身近な蓄電について

身近な蓄電についてお話をいたします。

身の周りを眺めてみても、身近な蓄電は見当たらないと思いますが、実はいろいろな所で蓄電されているのです。

例えばノートパソコンですが、普段はコンセントを使っている人が多いと思いますが、コンセントの無いところで使うときには、蓄電されている電力を使っているわけです。

電池とかバッテリーと言われている部分に、蓄電されているのです。

携帯電話やスマホも同じです。

持ち歩いて使える電気を使う物は、蓄電がされていると考えて良いと思います。

あとは、いつも何気なく買い物をしている大型スーパーやコンビニエンスストア、病院などにも蓄電システムを導入している施設も多いです。

例えば、病院で手術の最中に停電をしてしまったら、どうなるでしょうか。

電気が点かない状態で、手術は出来ません。

手術をするのも、メスだけではなく、電力で動く機器を沢山使用するのです。

手術中の停電などに備えて、病院では非常電源が義務付けられていて、そこにも蓄電がされています。

こうして考えると、意外と身近なところで蓄電されているようです。

現代の人々の生活に、蓄電は欠かせない存在だと言えるでしょう。

Read More

蓄電にするにはいくらくらいかかるの?

蓄電にするにはいくらくらいかかるのかを説明いたします。

特に太陽光発電 価格や値段とも密接に関係します。

蓄電システムを導入するには、大手メーカーからも多種発売されている蓄電システムを購入し設置工事をする必要があるでしょう。

この蓄電システム自体の価格が様々なので、大まかな費用がどのくらいなのかを説明します。

蓄電システムは約200万円くらいで導入できるでしょう。

これは蓄電システムの導入だけの費用ですが、太陽光発電システムと同時に導入となると、パネルの数や規模などにもよりますが、400万円から500万円くらいとお考えください。

大まかな費用なので、額は業者やメーカーよって前後します。

Read More

蓄電にするにはどうしたらいい?

蓄電にするにはどうしたらいいのかを説明いたします。

家庭で蓄電するとなると、まずは家庭用蓄電システムを導入するということです。

大手メーカーからも家庭用蓄電システムは発売されているので、安心して導入することが出来ると言えるでしょう。

太陽光発電などを取り入れているご家庭の場合、太陽光発電で発電された電力は蓄電システムが無い場合は、この蓄電システムを取り入れないと蓄電しておけません。

ですから、太陽光発電と共に蓄電システムを取り入れるということは、更に電気代や電力を節約するということになるでしょう。

蓄電システムは、太陽光パネルを設置するような大きなスペースは要りません。

ご家庭のベランダや、狭い場所にも設置をすることができるので、スペースの有無で悩むこともほとんどないと言えるでしょう。

太陽光発電を取り入れる際には、蓄電システムの導入を同時に考えておくと、よりお得にどちらのシステムも導入できると言えます。

Read More

蓄電に補助金が出る?

蓄電に補助金が出ます。

正式名称は「定置用リチウムイオン蓄電池導入促進対策事業費補助金」です。

どれくらいの補助金が出るのかというと、法人に対しては10kWh未満の場合は、かかる機器費用の三分の一で一億円が上限となっています。

10kWh以上の場合には、機器にかかる費用と工事費の三分の一で、こちらも一億円が上限です。

気になる一般家庭用に対しての補助金ですが、蓄電機器費の三分の一で100万円が上限となっています。

やはりこのようなシステムを一般家庭に導入するということは、かなりハードルが高く感じるかもしれません。

しかし、最近はエコへの関心が高まっていたり、意識の高いご家庭も増えていて、蓄電も考えていると言う人も多いと言います。

補助金が使えるならば、そのハードルも少し下がると言えるでしょう。

平成25年度の申請受け付けはすでに終了しておりますが、次の募集のときに合わせて導入するという手もあります。

尚、自治体によっても補助金はあるので、住んでいる地区によってはかなりお得になるとも言えるでしょう。

Read More

蓄電と充電の違い

蓄電と充電の違いについてお話をします。

蓄電と充電は混乱し易いと思いますが、蓄電と充電に違いはあるのでしょうか。

充電という言葉は、良く携帯やスマートフォンに充電をするなどということで蓄電よりも馴染みのある言葉だと思います。

どのご家庭にでもひとつは、携帯や電池用の充電器があることでしょう。

充電は、外部から電流を流して、その電気エネルギーをためることです。

蓄電は、電力をためておくことを言います。

つまり、充電というのは電気を送り充電池や蓄電池を充たすことを言い、蓄電というのは電気を貯めるということになるのです。

ですから、ほぼ蓄電=充電と考えて間違いがないでしょう。

家庭用で蓄電システムを導入したいと考えたときに、蓄電と充電の違いはあまり考えなくて良いですし、言葉の違いの問題とも言えるのです。

どちらにしても、蓄電をすることによって電気代が節約も出来ますし、太陽光発電システムと同時に使用すれば、かなりのお得になるということになります。

Read More

蓄電って何?

蓄電とは何かを説明をいたします。

蓄電とは発電した電力をためておくことです。

普通、電気といえば、電力会社から供給されているので、蓄電ということはあまり馴染みがないかもしれません。

しかし、蓄電システムはかなりいろいろな場所で活躍をしていると言えます。

例えば公共施設や商業施設、通信基地局など非常時などに必要な電源の確保・電力の供給が実現できるシステムとして活躍しているのです。

そして、これから先にはさらにメジャーになると言える、EV自動車のためのサービスステーションも、この蓄電システムがあればこそと言えます。

このように、蓄電システムは私たちが普段は全く意識していない部分で、しっかりと活躍してるのです。

家庭において、蓄電しておくことで便利な点といえば、やはり停電のときなどに便利だという点でしょう。

電気をためておくことができるのですから、緊急のときなどに電気の供給がストップしたとしても貯めておいた電力で不便することはありません。

Read More

相互リンク募集中

Read More